FAQ

Waroku訪問看護について、お客様から寄せられるご質問とその答えをカテゴリー毎に纏めました。

医事会計について

請求用のソフトが別に必要ですか?
下記請求システムのエンジンを利用することにより、Waroku訪問看護では記録記載から請求処理まで一つのシステムで行うことができます。
  • 日本医師会ORCA管理機構株式会社「訪看鳥」 (2021年3月末にてサポート終了)
  • 日本医師会ORCA管理機構株式会社「給管帳クラウド」 (2020年11月より「訪看鳥」から移行予定)

ORCA管理機構へのお申込みについても当社にて対応致しますので、ステーション様で別途ご準備頂く必要はございませんのでご安心下さい。

※ただし、下記伝送用ソフトについてはステーション様で別途ご準備頂く必要がございます。
医療保険に関する請求については紙媒体で請求を行う為、別途請求用ソフトは必要ありませんが、介護保険に関する請求については、別途伝送用ソフト(公益社団法人国民健康保険中央会の介護伝送ソフト等)が必要になります。

自己負担金の限度額を入力するところがありますか。

利用者情報の自己負担情報のところの一番上の項目に「自己負担上限額」を設定下さい。

そこから、病院合計や薬局合計を入力し、最終的に「ステーション利用可能枠」があなたのステーションが使える限度額になります。登録時に公費情報の障害者自立支援法・精神通院の公費があればそちらの「自己負担額」も一緒に更新することができ、請求時にはこの公費情報に登録してある「自己負担額」が明細書に記載される額になります。

また、年月単位での複数登録が可能で、これにより例えば再請求の場合当該月の上限額を保持している為当該月の上限額をこの履歴から自動的に取得して請求することができます。

介護保険にも対応していますか?
対応しております。
お電話からの各種お問い合わせ
092-461-8331 092-461-8331
受付時間:9時~18時(土・日・祝日除く)

※お客様からのお問い合せにつきましては、弊社3営業日以内にご返答させて頂きます。
3営業日を経過しても連絡が無い場合は、大変お手数ではございますが再度お問い合わせ下さい。